宮下遥 グラチャンバレー2013 セッターとしての実力は? [sports]




宮下遥をご存知だろうか?竹下佳江にかわり日本女子バレー代表のセッターを任された18歳のかわいい女子。現在岡山シーガルズに所属し、試合中に前歯を折るなど話題も豊富だ。

しかし、そのセッターとしての実力はどれほどか?

人気だけで選ばれる代表ではない。



宮下遥のセッターとしての実力を分析してみた。
○セッターは経験値が非常に重要です。 宮下選手は2009年にプレミアリーグに
初出場後、98試合、326セットに出場。 現在プレミアリーグに出場している
セッターでは、中道、秋山、熊谷に次いで4番目のキャリア。 4シーズン目の
昨年はチームをリーグ4位へと導いた経験と実績は評価できます。

○宮下選手の最大の長所は何と言っても176cmの身長です。 今まで日本と
対戦する諸外国は「ブロックに跳ぶセッターの上を狙ってアタックを打てば点が
取れる」と簡単に考えていましたが、今季Vリーグでの宮下選手のブロック数は
35本でリーグ7位です。 各チームの180cmを超えるMB選手たちに次いで、
WS選手より上位の7位は大活躍です。

○中道選手は多くのトスがジャンピングトスになっているのに対し、宮下選手は
身長があるので、ほとんどジャンプすることなく、しっかりと安定したトスが
上げられます。

○長身の割には非常に器用で、低いパスの下に身体を潜り込ませトスを
上げるプレーなども上手です。

○現在19歳ですので、これから国際経験を積んでいけば、ロス五輪はもとより
2020年、あるいは2024年の五輪まで、近年いなかった大型のセッターが
全日本の司令塔としてチームを長く牽引できることは非常に心強いです。

以上、ヤフー知恵袋がらの抜粋です。

これを読むとなかなか納得。

がんばれ宮下選手

かわいい君が大好きだ

これが本音かもしれない。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

気づきが大事

yes, you are right! 気になっていたことなので、とても参考になりました。感謝!
by 気づきが大事 (2013-12-04 20:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0