【悲報】ストイコビッチ退団 どうなる名古屋グランパス [sports]




退任が決まっている名古屋グランパスのストイコビッチ監督がホーム最終を戦った。
現在の中位という順位と相手が甲府ながら26000人動員できているのはピクシー効果だろう。

加藤晴彦、闘莉王、平野孝(元日本代表、元名古屋)が出ている番組を見てピクシーインタビューなど見れて良かった。サッカー好きや、書籍の中で言われているのは、やりくりして弱いチームを強くするのが上手な監督と、いい選手が集まっているチームをうまくまとめられる監督がいると。

もちろんどちらもできる監督はいる。ただ、ピクシーは後者だったのかなと思ってしまう部分もある。
 
就任1、2年目のサッカーのほうが優勝した年より面白かった。でも強いと思ったのは2010(優勝勝)、2011年(2位)だった。闘莉王、豪州代表ケネディ、代表の藤本ら実力者を獲得し圧倒的な個の力を前面に押し出し、癖のある選手が多いなか自身のカリスマ性を活かし、モチベータとしてコミュニケーションをとりチームを強くした。 
 
野球で言えば長嶋、WBCの原に近いかな。


 
ここ最近は主力の高齢化と故障離脱の増加に加え、ケネディの高さに合わせるだけの、戦術、采配も工夫がみられない傾向は感じた。 
 
しかし監督として、スター選手だったにも関わらず、高圧的ではなくコミュニケーションを大事にするメンタリティは重要な資質を持っていると思う。 
 
しっかり欧州で最先端のサッカーを見てきてレベルアップして戻ってきてくれることを楽しみに待ちたい。
 
日本代表の監督として。

そしてピクシー後の名古屋は大丈夫か?

まったく明るい話題がない。   

外資の出資が規制されているJリーグだが、多少緩和して資金集めの幅を広げてもいい時期に来てるような気もする。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料)
powered by So-netブログ