新型フィット・ハイブリッドの実燃費の特性 [フィット ハイブリッド]

フィットハイブリッド.jpg
燃費の良いコンパクトカーとして人気の高い新型フィット・ハイブリッドですが、実燃費が気になってくると言えます。カタログ値では低燃費を実現していますが、カタログ値では実際の走行までは図ることができないのが普通です。

フィットはコンパクトカーですので排気量の小さいエンジンを搭載しています。排気量が小さいことで根本的な燃費は確実に良くなりますが、パワーが不足してしまう欠点があります。コンパクトカーだけではなく小排気量車には常に付きまとう問題ですが、パワー不足から必要以上にアクセルを踏んでしまうケースが多くなります。

燃料消費量はアクセルの踏み込み具合によって変わるため、排気量の小さい車ほど実燃費が悪くなるのです。フィットに限らずほぼすべての小排気量車に共通することですので、運転の仕方によって実燃費は大きく変わることになります。排気量の大きな車の場合、根本的な部分で燃費が悪くなりますが、パワーがあることでアクセルの踏み込み量が少なくて済むのです。またゆとりのある走りが可能となりますが、排気量の小さい車は低速でのパワー不足によってギクシャクした走行になりやすいのです。この点はCVTによって解消できますので、穏やかな走行を心掛ければ実燃費も良くなるのです。

今回フィットの値引き交渉術を動画でみつけました。また値引き交渉術もまとめていますのでぜひご覧下さい。


値引き交渉術の裏ワザ→http://hustlersuzuki.blog.so-net.ne.jp/2014-07-04-9

皆様のカーライフ応援します!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料)
powered by So-netブログ