女性必見!クルマを購入する前に知っておきたい3つの知識 [自動車雑学]

女性の皆さん、クルマを新しく購入する際、分からないことや迷うことなどあるのではないでしょうか!?男性とは違って、クルマに興味や拘りのある方が非常に少ないので、詳しい知識を持ち合わせている女性は少数派だと思います。今回の記事では、クルマを購入する前に知っておきたい3つの知識をご紹介します。
hasu3.jpg

■自分の予算を明確にして営業トークを回避しよう!

クルマを購入する際には、カーナビやステレオなど、様々なオプションを付けるよう営業トークを掛けられます。もちろん、自分にとって必要な機能を予算の範囲内で付けるのはOKですが、営業トークに乗せられて必要以上のオプションにお金を使うのは避けたいものです。

自分の予算をしっかりと決めて販売店に出向き、営業マンに予算を伝えた上で、予算オーバーは断固として拒否する姿勢を示すことが大切です。元々が数百万円の買い物ですので、十万円程度のオプションは軽い気持ちで付けてしまいがちですが、冷静に考えて大きな買い物ですので、金銭感覚をしっかり保ってください。

さらに、営業マンは、あなたが現在乗っているマイカーを下取りに出さないかと提案してきます。
このトークには要注意です。理由は営業マンは、新車の値引き額と下取り価格を自由に調整できるからです。

そう、つまり新車値引き額とマイカーの下取り価格の合計額の比率を自由にかえることができるのです。

具体的にいいますと、値引き額30万円、下取り20万円です。という営業マンもいれば
          値引き額10万円、下取り40万円です。という営業マンもいるのです。

どちらも合計50万円の値引きということになるのですね。。
同じ車なのにですよ。。。。

この場合、値引き30万円、下取りは別のところでというのが正解です。

このテクニックにだまされないためにも、マイカーの下取り価格は別のところで見積もりをだしておいたほうが良いでしょう。

こちらがおすすめです。


hasu5.jpg

■新車を購入する場合は値引きを狙おう!

新車を購入する場合、パンフレットなどに記載されている定価は、あってないようなものだとご存じですか?全く同じ構成の同じクルマを同じ営業マンから購入したとしても、購入したお客様によって、値段はかなり違うのです。日本で生活していると、商品は全て定価販売であることに慣れていますが、新車購入に関しては値引きが可能ですので、トライしてみることをオススメします。

具体的には、販売店に何度も通い、同じ営業マンと何度もアポを取って、購入する素振りを見せながらも、即決はしないことです。クルマの営業マンの多くが、長時間を割いた顧客には時間をムダにしないためにも、多少の割引をしてでも購入してもらおうと考えます。パッと即決して購入してくれる人が営業マンには良い顧客ですが、割引してもらうには、ちょっと面倒なお客さんになることがポイントです。

営業マンが値引き額を提示する前に、前もって希望する新車のだいたいの値引き額を調べておくと、有利に商談をすすめることができます。



ネットなので無理矢理契約させられる心配はありません。


■新車ではなく新古車も検討しよう!

クルマを購入する際、多くの方が新車か中古車のどちらにするか考えると思います。ですが、その中間的な位置付けでオススメなのが、「新古車」と呼ばれるカテゴリーです。

新古車とは、正式には未使用車と呼ばれ、ナンバー登録をしただけで、実際には誰も使用していない新車同様のクルマのことです。主に、クルマの販売店が営業成績を水増しするために、年度末などにナンバー登録だけ済ませたものが、純粋な市場より安く市場に出回っているものになります。

一般的な新車や中古車に比べたら、選択肢の幅は限られてしまいますが、自分の欲しい車種やカラーなどが新古車として購入可能であれば、ぜひ検討してみてください。



以上、3点をご紹介しました。クルマの購入は、多くの方にとってマイホームの購入に次ぐ人生の大きな買い物ですので、後悔のない選択ができることを祈っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0